情報I

企業向け

デジタル・イノベーション人材育成プログラム in 静岡 トップレベルICT人材育成講座

静岡県は、第4次産業革命の進展や、コロナ禍による急速なデジタル化の流れに対応し、地域経済の持続的な成長を実現するためには、デジタル技術を活用し、新たな価値の創出や生産性の向上などイノベーション創出に取り組む必要があると考えています。 ...
学習塾・予備校向け

翔泳社の電子書籍が50%OFF!12月1日まで、大感謝セール「秋の翔泳社祭 2022」開催。話題のIT書やビジネス書、デザイン書も対象

新刊や大人気のベストセラーなど、Kindleでは700点以上、SEshopでは1200点以上が対象です。Kindleストアは50%OFF※、翔泳社の通販SEShopではPDF版が新刊も含め50%ポイント還元※となります。※本体価格(税抜き...
企業向け

【文部科学省】第6回 1人1台でカンタン、明日から始めるプログラミング教育~小学校におけるプログラミング教育~ 開催発表

文部科学省はIT活用教育アドバイザー事業【第6回】オンライン研修会を下記日程で開催する。 同省は「必修化されて3年目となる「小学校におけるプログラミング教育」について、体験を重視すること、またそのねらいを解説したうえで、明日...
企業向け

共通テスト「情報」は2日目の最終時間、試作問題も公開

大学入学共通テストを運営する大学入試センターは11月9日、2025年度(令和7年度)入試に関する検討状況を発表した。 その中で、大学入学共通テストの時間割について、新たに追加された「情報」(情報Ⅰが出題範囲)について、2日目...
学校・行政向け

慶應義塾大学SFCでは情報I・IIが出題範囲に

慶應義塾大学は2020年10月31日、令和7年度(2025年度)以降の入試一般選抜の変更点に発表し、「情報」教科の出題範囲を「情報I」「情報II」とすることを発表した。 「情報」を選択できるのは総合政策学部と環境情報学部で「...
学校・行政向け

アシアルがDNCL(共通テスト手順記述標準言語)対応の実習環境を提供開始

2022度から必履修化となった高等学校「情報Ⅰ」においては、プログラミングに関する部分で各学校の事情に合わせてPythonやJavaScript、VBAなどの多様なプログラミング言語が採用されています。 このため2025年度大学入学...
学校・行政向け

情報処理学会が共通テスト「情報」に配点しない大学を批判

一般社団法人情報処理学会は10月12日、令和7年度から大学入学共通テストで導入される「情報」(「情報I」の内容を出題)について、一部の国立大学が受験科目としながら配点をしないと発表していることについて、批判する声明を発表しました。 ...
企業向け

栄光学園高等学校でデータ活用授業を実施、外部講師が協力

2022年10月5日、神奈川県鎌倉市の栄光学園高等学校において、「情報I」を学習する高校1年生を対象としたデータ活用に関する授業が実施されました。本授業は岐阜県の株式会社電算システムのエンジニアが外部講師として協力しています。
学校・行政向け

仏発エンジニア養成機関「42 Tokyo」が広島県内の教育関係者等に向けてPiscine体験会を実施

2022年9月10日(土)、一般社団法人42 Tokyoが、広島県内の教育関係者や企業のデジタル人材育成に関心のある方へ向けて、「Piscine体験会」を開催しました。この「Piscine体験会」はHiBiS AI/IoT研究部会(https://www.hibis.jp/)が主催し、広島県商工労働局 イノベーション推進チームの協賛で行われました。
タイトルとURLをコピーしました